face book ページも更新中! https://www.facebook.com/taisukem1

twitterも更新中! https://twitter.com/marutai_nara

2018年2月21日水曜日

グリーンパークでスポンジツーリング


先週の週末はグリーンパークに行ってました.
グリンパといえば今年の全日本の会場になりましたね.開催地がアクセスしやすいサーキットというのはかなり助かります

車両も今年の全日本レギュレーションに合わせスポンジタイヤにTGエンジンという構成


で,先週はとにかくクラッチセッティングを進めるということを目標に置き進めてみました.
何せアンダーパワーのエンジンでグリップの高いサーキット/タイヤということで間を受け持つクラッチの重要性はかなり高いです.

逆にサスセッティングみたいなところはパワーに対してタイヤが勝っている感があるので難易度は低めというイメージ(もちろん蔑ろにしていいというわけではないが)


ガルシューも押し出し式/振り子式
スプリングの種類/締め込み量
クラッチベルのクリアランス量/クラッチシューの種類
等々…いろんな組み合わせを試していきます.

立ち上がりの加速を主に評価していましたが,ある程度長時間走った後のフィーリング変化も同時に評価していきます.

最終的に立ち上がり加速に関わる因子を見つけたもののイマイチ理由が分かっていないという…
もう少しロジカルに解明してから公開しようと思います.



さて,家に帰ってからもクラッチの考察が止まりません

クラッチミートの概念図

なんとなくこうなってるのかなぁと
破線:無負荷時の吹け上がり時間
一点鎖線:クラッチミート→完全締結までの間
実線:クラッチ完全締結後の期間

なんとなく青がイケてるセッティングで赤がいわゆるパワーが喰われていると表現するときのグラフだと思ってください

車速も半クラの時の加速度が低いことが分かります.(加速度は車速の積分≒傾き)

クラッチミートする回転数の算出は簡単で
センタースプリングのバネ定数が分かっているとF=Kxの関数
ガルシューの重さや回転径からF=mrω^2
xにクラッチベルとシューのクリアランスを代入するとωが出てくるので回転数が分かる

クラッチ完全締結後の速度は走行抵抗との釣り合いになる
この辺はデータロガーで取った実測データがあるのでそこから引っ張るとして

問題はやはり半クラ領域
シューがベルに当たる→回転数上昇と共に許容伝達トルクTが増える→車体が加速する
だけど加速抵抗とか駆動系のイナーシャから抵抗分がありこれらと釣り合うのが最終的な半クラ時の加速度になるはず

月曜日ぐらいからこの辺を数式で解き明かそうと苦心しているもののなかなか解けず…
でもこれが分かるとイケてるセッティングにするための有意な因子が見つかるはず!

もう少し頑張ろう

2018年2月7日水曜日

京商グランプリレースレポート続報

HRFのレースリザルトを見ながら20分レースなので京商グランプリと比較できるなぁと思い
京商グランプリのレポートページにアクセスしてみると、内容が更新されてるのに気づいた.

おぉぉ…コピーライター氏の文章力はやっぱり半端ない

追加されていた内容としては私となんよさんのコメントとセッティングデータが公開されていました.

クッソマニアックな情報としてはセッティングシートはver1.01に更新されてて
内容としてはダウンストップ測定位置がver1.00だとダンパー長だったのがver1.01ではシャシー下面からのサスアームの距離と一般的なツーリングカーと同じ測定位置に変わってます

公開されているセッティングシートはver1.00のもので
ver1.01風に書き直すとフロント2mm/リア3.5mmとなります.


コメント中の
“柔らかめのサスセッティングで荷重移動量を減らしトータルのコーナリングフォースを稼ぐ方向”

と答えていますが補足として
トータル荷重移動量はロールセンタ高/トレッド/重心高で決まるので
上で言いたかったこととしてはステアバランスをとる際に前後輪の荷重移動量ΔWf/ΔWrの剛性配分でセッティングを進めるという意味です.
トータル荷重移動を減らしCFを上げると全体のグリップがよくなる!という魔法のようなことは無いので…


↓ここから下は最近の悩み

実写の場合は荷重‐コーナリングフォース線図が非線形でタイヤへの垂直荷重が増えてもコーナリングフォースが増えない領域がある
荷重移動したところでトータルのコーナリングフォースが下がる原理でステアバランスをとっているがラジコンの特に1/10のゴムタイヤの場合はこれがそのまま当てはまらなそう

具体的には垂直荷重をかければ掛けるほどグリップするという現象が起こる
実際にはどこかでサチレートするが1/10サイズ程度の重量ではその領域まで荷重を掛けられない模様
サスを固めていけば荷重は掛かるが路面のギャップによりグリップを失いやすくピーキーになりやすい
ギャップが見た目に小さくてもラジコンスケールに直すと巨大なものになるので

電動は掛けたほうがグリップするけど

エンジンのゴムツーリングや1/8GTがタイヤの面圧的に微妙なところにいて
掛けてグリップしたり、ロールさせてイン側も仕事をさせたほうがグリップしたり

タイヤやインナーによってガラッとこのあたりが変わるので

台上試験でスクリーニング→実車で評価
みたいな進め方したいな~


もちろんキャンバスラスト力やそもそもロールステアの影響とかほかの因子も大量にあるので荷重だけで語れないでしょうが、切り分けの一つとして

2018年2月2日金曜日

京商カップ中京2017イベントレポート

更新が遅くなり大変申し訳ございません!!!

先週は風邪をひいてしまい1週間ダウン
今週は出張対応で全然家にいなくてなかなか更新できませんでした汗

京商カップファイナルに向けて重要なレースになりそうで
今回のレースのレポートはしっかりと書きたいと思います.

今回も個人戦の練習走行/予選にて出走
その時の路面のインフォメーションも記載しますよ



改めて持ち込みセッティングはこちら
実はこの京商カップの前日にもBRCサーキットで最終確認を実施してました.
この日の記事のセッティングでは3分目ぐらいからオーバーステアで公表できるセッティングにならないなと思っていたため

結果的にはダンパーオイルをAXON#37.5→京商 #850
リアスプリングを路面が低い状態ではイエロー、上がってきたらグリーン
という方向性に落ち着きました.

ダンパーオイルが思いっきり固くなったわけですが
ソフトタイヤの急激なコーナリングフォースの立ち上がりにロールスピードが速すぎて姿勢を乱すというのが柔らかいダンパーオイルではあり
R4時代のロングダンパーであればあまり気にならなかったのがR4sⅡとなりショートダンパー化した今ではオイルの粘度は上がる傾向みたいです

ダイアフラムに詰め物も考えましたが、特設のバンピーな路面に対しては詰め物により車体が跳ねたりして挙動を乱すのが嫌だなという妄想から入れていません.

リアのスプリングに関しては上述の通りで前後イエローで普通にバランスするものの
グリップが上がってくると腰砕けのような挙動を示すようになり
リアグリーンでないとロール時の姿勢がフロントに対しリアが多すぎるような動きを見せていました


練習走行

路面はホウキで掃いたのみで細かな砂は浮いている状況

コースレイアウトは地区大会サイズでギア比としては最もローとなる15/20-61/56としています.
ただ2速のタイミングは普段よりも早く入るように調整
これはホームストレートが短く、ストレートエンドでシフトアップすることを防ぐため
2速でも車体を引っ張るトルクのあるエンジンが必要になります

上述のセッティングでタイヤはKCスリックソフトタイヤ、インナーはパナレーサースーパーソフトAで出走
砂が浮いていることからグリップ剤の処理としてはFX2を塗った後にラスペネでふき取りました.

とりあえず2番手タイム

出走後の感想としてはアンダーステアが強いというフィーリング
外周はもちろん、インフィールドの速度を落とすコーナーもフロントタイヤが逃げるという路面状況

コースが汚れている朝の練習走行ではこんな感じでしょう
ほかのドライバーのフィードバックも概ね曲がらないという感想が多く見受けられました.

私のR4SⅡに目を向けると,コーナリング中のロールやピッチングが少なく
現状のセッティングだとタイヤを面で有効に使えない状態になっていました.

次の予選1回目に備えてダンパーオイルを#850→AXON #47.5に変更です.


予選1回目

予選1回目後の写真
上のほうの写真は練習走行、上の写真は予選1回目後ですが、オイルラインは全くついてません
エンジンカテゴリーはピュアテンのみで、他はLMとEPミニなので各車のグリップ剤分でしか路面が上がりません

予選はヒート2位 総合2位でした
T瀬さんとひたすらランデブー状態でしたね
追い越せるほどのペースが自分にはなく…

セッティングとしては正解の方向でコーナリング時の姿勢はキレイなものになっていました.
インフィールドでアンダーステアがまだ残っていてブレーキを深く残さないと曲がらないというフィール

ブレーキレートを走行中にいろいろ試してましたが,強いとロックし弱いと曲がらないという.路面グリップ的にもそこまで無理できない感じでした

セッティングでもうすこしピッチング方向に動かさないといけないみたい
ということでフロントダンパーを半穴寝かせます.

予選2回目

スミマセン 完走できませんでした。。。

何が起こったかといえば左リアタイヤが全くグリップせず巻き巻きに

走行後のタイヤがこんな感じ… インナーごと接着しちゃった模様

もう何年ラジコンやっているんだ!と猛省です
ゲストみたいな感じで走ってて巻き巻きだとセッティングシート公開してても説得力皆無ですね…
接着の時はゴムバンドで締めながら接着剤流し込むとか
裏返しで張り付けるとかで再発防止ですね


ということで予選2回目のデータは無いです。。。残念



ここまでが自分で走って感じた状況
最終的なセッティングはこんな感じになりました

弱アンダーな感じになります.あくまで私の感想ですが


さて路面の傾向です

この2枚の写真は日曜日の全レース終了後の写真

しっかりとオイルラインが残るレベルです
日曜日の決勝ではハイサイドする人も出るレベルに路面は上がっていました


では実際どのくらい路面が変わったのか?というところですが
上のグラフは各ヒートでの上位3名(3チーム)のベストラップの平均を並べたもの

土曜日、日曜日もどちらも同じような傾向を示しているのがわかります
見かけ上決勝で路面が下がってるように見えますが,感覚的には予選2回目からサチって決勝もほぼ同等だと感じました

傾向は同じだけど絶対値は結構違います
土曜日は練習走行→予選2回目で0.6秒ほど更新しているにもかかわらず
日曜日は練習走行→予選2回目で0.3秒の更新

土曜日はコース設営直後でその分かなと思い、路面が安定しているであろう予選1回目→2回目での比較は
土曜日 予選1回目→2回目 -0.2秒
日曜日 予選1回目→2回目   -0.14秒

やはり土曜日のほうが路面の変化は大きい模様

練習走行ではアンダーだと感じたものが予選1回目でそれなりに走るようになるレベルでグリップは改善していきました.

レース順は
土曜日:EPミニ→ピュアテン個人→LM
日曜日:バギー一般→バギージュニア→ピュアテンチーム
という順序だが
ファイナルは通年、土曜日予選、日曜日決勝になることから

土曜日にピュアテン個人、ピュアテンチームが走ることになり路面の上昇傾向の傾きはさらに強くなると推測できます.

ただ、傾きは変わるが予選2回目にサチるという傾向も変わらないかなぁと


個人戦決勝の上位選手のタイムチャート

チーム戦だとドライバー交代とかあるので…
個人戦だと15分走るのでタイヤには一番厳しいコンディションかなと

S選手、T選手はどちらもソフトタイヤですがインナーは違うもの
S選手は一見、最終盤にタイムが落ちているように見えますが,後ろとのギャップが十分にあるのでクルージングペースだったようで

T選手を見るとやはり後半のペースは落ちているように見えます
じゃあミディアムがいいのか?となるとミディアムではソフトの後半ペースが最初から最後までというグリップしか発揮できず15分や20分のトータルで考えると後半のグリップダウンを考えてもソフトタイヤが優位という結論になります.


ここからあと約2か月あるので上のデータからファイナル仕様を検討してみます!








2018年1月13日土曜日

京商カップ中京向けテスト

タイトルにもあるように来週の京商カップ中京@清水PA向けにR4sⅡを京商カップ仕様にして走らせてきました.
京商カップファイナルも清水で行われることが告知されているので今回は少し気合をいれてちゃんとデータ取りをして公開できればいいなというところです.


ということで清水を走るための持ち込みセッティングをBRCで決めようという流れです.
清水路面とBRC路面は特性が近いということもありますからね

先ずはSⅡに取り付けていたプロトタイプな部品をすべて取り外し
市販オプションパーツを取り付けただけの状態にしました.

ばらばらに…

取り付けているオプションパーツとしては
VZW438 アルミミドルシャフトマウント
VZ469 ライトウェイトメインシャフト
VZ470 ライトウェイトミドルシャフト
VZW433 V2アルミリアバルクアッパーセット
VZW435 カーボンフロントダンパーステー
VZW436 カーボンリアダンパーステー
VZW413 ユニバーサルスイングシャフトセット

思っているよりいっぱいオプションパーツ付けてた…汗

この構成にタイヤはKCスリックソフト、SWEEPソフトインナー


上記構成で走らせたところ
プロト部品込み:17.882秒
純正仕様:17.865秒

ほぼ同じタイムですが上の写真のように割とバラバラにするために1時間半ぐらいの時間を要し、その間にサーキットの路面グリップが上昇していたようです.(分解してたのが15:00ぐらいでちょうど路面が日陰になったりするタイミング)
実力としては0.2秒落ちぐらいのタイムになっているはず

フィーリングとしてはグリップ感が悪く
取り付けていたスプリングでは姿勢変化が少ないというところ
ちなみにスプリングはフロントグリーン(W5803-34)、リアイエロー(W5803-33)

リアは加速時にそこそこ動いていたのでフロントを柔らかくしてロール剛性を合わせます
フロントスプリングをグリーン→イエローへ

タイムは17.776秒
チッピングやロールをするようになり、ここからセッティングを始めていきます.
フィーリングとしては旋回時にオーバーステア
あぁ、KCソフトの動きだ…というところです

①ブレーキング
②ステアリング操舵
③フロントタイヤにコーナリングフォース発生
④車体にヨーが発生
⑤リアタイヤのコーナリングフォースが釣り合うところでヨーが収束

という時系列でコーナリングするわけですが
④→⑤でヨーが発散しやすいタイヤがソフトタイヤの傾向です
リアタイヤのCFを上げるのが大変の割にフロントタイヤのCFは簡単に出るという

ということでリア周りからセッティングを変えていきます
去年の京商カップファイナルの京商サーキットでのテスト結果からリアアッパーアームの取り付け位置を変えていきます

さらに旋回のオーバーステアをスロットルを煽ることで消して走るという
特設コースでは辛いセッティングになっていて、こうなる原因ってブレーキングでリアの荷重が少なくなるからだと認識してます
ということで荷重移動を減らすためにリアのリバウンド量を増やし姿勢変化できるようにします.
ダウンストップで+2mmから-1mmと大幅に変更


リア回りのセッティング変更でタイムは17.374秒へ
ただ時刻は17:00で昼間の気温とタイムはあんまり比較できないかも…

走らせたフィーリングとしてはオーバーステアは影を潜めて扱いやすくなったものの
5分ぐらいからリアタイヤが垂れてきてやはりオーバーステアが見え隠れ…
最終的にはステアリングのDRを100%→93%に落として対処しました.

BRCもそれなりに横Gがかかるコースレイアウトで特設レイアウト感はあまり無いので
清水PAの敷地面積から推定するコースレイアウトだと多分20分走らせても
リアタイヤは耐えるかな~と思うところですが…

とりあえずやり切れてないですが現状のセッティングシート

もうちょいリアグリップあればいいんだけど・・

2018年1月8日月曜日

SRT新春レースレポート


あけましておめでとうございます!
本年も宜しくお願い致します。

もうすでに1月8日なんですがね…汗
OPTIMAラリー化でFUSION360でモデリングしたりしててなかなか更新できず
あまり進みがよくない中、今日から仕事始めとなりました

さて表題のレースレポートです
前日の21時ぐらいに実家の奈良を出発し、SRTに5時ごろ到着というかなり無茶なスケジュールでの参加でしたw
5時に着いたので7時ぐらいまでクルマの中で仮眠してました

この日のエントリーはGT8クラスのみ!
がっぷり集中してレースに取り組めます

とはいえタイヤフォーマーを持ってないので苦戦は予想していました
ハチイチ用のタイヤウォーマーがどこも品切れという…orz


今回は新サーボを投入しました!
RSx3 Power H.C.

トルクが31.6kg・cmとかバケモノサーボですね
アルミケースなのでガッチリマウントできます

そしてなんといってもHCS対応なのでこの日は練習走行と予選1回目はノーマルモード
予選2回目以降はHCSモードにしました.
こういうのは練習日にするものですが早く試してみたかったのでw


練習走行はタイヤの様子を見るために前回のHRFで走ったSWEEPタイヤで出走
セッティングもSWEEP仕様に戻します.リアトーを3度→2.5度へ

練習走行のタイムは18.5秒を記録


そのあと予選を迎えるも…
5番手

特に光るものを見せることなく予選終了!
いろいろあっていろいろしたんですが、ここには詳しく書けませぬ…

とはいえ決勝はこれだと勝負にならないと思い
一か八かの勝負に出ることにしました.

この日は風が強く、駐車場の埃がコースに入るのでローグリップで軽い路面になってました.
初期の反応もなければ旋回もアンダーという典型的な喰ってない感があったので
グリップ剤を変更です.

予選2回目もマイティーV3が微妙な感じだったので
埃+オイル路面ということでFXⅡを塗り、ラスペネでふき取るという京商サーキットスタイルでタイヤを処理することに


加えて車体側もロール姿勢がリアはロールするのにフロントは動いてない感じだったので
フロントダンパーを1段寝かせ
あとはリアトーも2.5度→2度まで落とします


決勝

スタート前の暖機運転では、タイヤがニュータイヤだったので皮むきペースで走ります.
2週ほどするとグリップしてきてコーナー3つだけ全開で走ってみたところ、とてもいいフィーリング!
ちゃんとグリップするしさっきまでのアンダーステアは影を潜めて切った分だけよく曲がる!
ということでタイヤが終わる前にピットインし、スタートを待ちます

1コーナーでレース終了…

スタートの時にホイールスピンさせてしまい後続車との間合いがつまります
抜かれる!と焦ってしまいイン側を締めたところ後続車とヒット!という
やっちゃった系です.反省しなければ…

Cハブとアップライトが壊れています

ということで1周だけしてリタイアとなりました.


レース展開としてはなんよさんとS藤少年が給油1回目まで大バトル!見ごたえあったなー
なんよさんブログにもありますが、給油後からはS籐少年が一人旅でポールtoウィンでした



F1ドライバーでさえスタート直後は混乱があるものですが
今回は防ごうと思えば防げた事故だと思うので再発防止に努める次第です!

今回のセッティングとタイヤがレース後半にどうなったかは気になったなぁ~




2017年12月29日金曜日

OPTIMAラリー化その1


今年のりんごじゃむ耐久で使用したO野氏のOPTIMAラリー改をリスペクトし
私もOPTIMAをモデファイしようと画策しています.

デビューレースは2月の雪上ラリーかなと思うところ
納期的にこれなので冬休みの宿題はコンバート作業かなというところですね

今のところの進捗は

デフやら駆動系はとりあえず完成

サスアームのデータは入手済み

残るはダンパーステーの設計とサスアームデータの修正(スタビ穴の追加とか)
理想を言えばバギー車みたいなCハブが外側みたいなレイアウトにしてみたいけど取り急ぎツーリングカー見たいなアームにしようと思います.実績あるので

今どきの3Dプリンタはこの程度の部品だと1000円ぐらいで作れちゃうのがいいですね

ダンパーステーはカーボンかアルミの予定なのでミーリングができる業者にいらいしないとですが…

明日からの冬休みは久々にCADをいじって遊ぶことになりそうです^^


京商グランプリレースレポート【ゴムツーリング】


もうすでに3週間近くたってしまい
記憶もおぼろげになってしまいましたが、ようやく更新です!

ちなみに明日から正月休み!
年始は3日にSRTで開催される新春レースにGT3で参戦予定です!ご一緒される予定の方はよろしくお願いします


さて、レースレポートですがこちらのカテゴリーも金曜日から準備していました.
1タンクだけですが…
確認項目としては
①ギア比の確認 (15/21-60/54)
②タイヤインナーの確認
ができればいいと思っていました.

セッティングとしては去年のデータがあるのでほとんどそれの踏襲です.
差があるとしたらR4sⅡ化しているのでリアグリップが増しているという差でしょうか

ギア比としては2速のスパーギアを54枚のギアを回せるほどエンジンが元気なのかを確認したかったため.トルクが足りないようであれば55枚かなと思っていたので
結果的には54枚でもストレートエンドで吹け切っていること、インフィールドでトルク不足を感じないことからギア比は上記組み合わせとしました.

タイヤインナーとしては朝のローグリップ時はボンバーレッドが使えるという前情報を聞いていたのでその確認
ハイサイドする人が現れ始めたぐらいでKAWADAバクソーを出そうと思っていました.

路面状況としては比較的ハイグリップなもののハイサイドするほどではないぐらい
バクソーで出走したところタイムは18.5秒とそこそこなタイム
路面がよくないときに周りでは18秒台に入ればいいという話題だったのでまあまあなタイムが出た模様

その時のセッティングはこんな感じ


ただステアリングのゲインが高く,単純に操作しづらかったのでプロポ側で調整
STEERING RESPONSEはNORMにしました.
先週のタム岐阜とは異なり、大きなRをなぞるように走るコースレイアウトの性質上そんなにレスポンスは必要ないという判断からです.

このあたりで前日練習は終了
前夜のタイヤ組はボンバーレッド1セット、バクソー3セットとしました.
硬度はすべてミディアムです.


コントロールプラクティス

i十嵐さんがトップタイム!

コントロールでは序盤に私はタイムを出して安心したところに後半でi十嵐選手に更新されてしまいました.
グリップ剤が切れてからでは更新しないだろうという慢心がありましたね.

あさイチの走行となりましたが、GTの記事でも書いたように前日は雨
乾いてからの走行で路面グリップはそんなに上がっていませんでした.

自分はボンバーレッドで出走しましたが,i十嵐選手はKCソフトタイヤでの出走だったそうです.
いわれてみると確かにソフトの硬度選択も十分アリだなあと後になって思ったところ

この後の予選も路面は上がらないだろうと思いセッティングとタイヤはほとんどそのままで望みます


予選1回目

2番手タイム…

3LAP目に25.5秒というタイムを出していて
何が起こったかというと1コーナーでハイサイドをやらかしています.
路面はそこそこなのにコケた理由としてはコーナーのギャップにちょうどのタイミングで引っかかってしまいコケてしまったというところ.
この時間帯でもボンバーレッドは厳しかったかと…

そのあと後半では唯一18秒台を連発し、なんとか2位まで復帰したという予選でした.

予選2回目

トップタイム!

やばい何も覚えてない…


予選3回目

DNF
2-1という順位で予選は取っててこの3回目1位を取ればポールシッターだと気合を入れて臨むもののトラブルでリタイアとなりました.

2日目のあさイチということで路面状況はかなりハイグリップで18.5秒というなかなかすごいタイムを出していました.
マシンのバランスとしてもバッチリ
予選2回目から2速へのシフトアップポイントが早いと感じていて,それを適正化したのもタイムアップの一つの要因かなと


決勝




やりました!2年連続京商グランプリゴムタイヤクラス優勝です!(今年は章典外)

レースの内容としてはyoutube参照なんですが
S戸選手と私のボディはどちらも黄色で動画じゃあどっちがどっちか見分けがつかないという…w

レース序盤はS藤少年とのバトル!
サイドバイサイドでコーナリング中に少し接触がありましたが、お互い姿勢は乱れず
順位は入れ替わり

そのあとS戸選手を追いかけます.序盤からずっと真後ろを走行
遊んでたわけではなくて真剣に抜けず…
このくらいの世代の人はメンタルが強いうえに抜かせない技術も半端ないですね~

レースが動いたのは7分半
先にS戸選手が給油のためにピットイン

SRTでは燃費は持つことはわかっていたので2周遅らせて私もピットイン
給油直前に18.8秒を出すレベルで飛ばしていたのでピットアウト後はS戸選手の前に出ることができアンダーカット成功です

そのあとは後ろとの間合いを保ちつつタイヤやエンジンを労わりながらゴールまでマシンを運びます.

ファイナルラップを勘違いして最終ラップでスピンし、あと2秒で負けてた!というところでゴール
なんとかトップは守り切りました!




去年との差としてはフロントのバネレートが1段柔らかくなっています.
つまり去年より曲がるセッティングにしているにもかかわらずリアグリップはしっかりとしているので一段とコーナリングスピードが速くなったということだと認識しています.
これはメインシャーシ形状とアルミベルトマウントの恩恵かなというところですね!